2014年1月

抗酸化物質・作用で放射能(活性酸素)排出

「抗酸化物質」とは、病気を引き起こす原因となるフリーラジカル=活性酸素の影響を抑える物質です。抗酸化物質がこれらの影響を抑える作用を「抗酸化作用」といいます。

摂るべき食品(栄養素)・避けるべき食品

自身も広島の原爆で被曝した秋月辰一郎博士は、以下のように指導しました。

発酵食品【1】味噌で放射能被曝を遮断

熟成味噌は放射線防御作用が高いことが、広島の原爆や実験結果からわかっています。

栄養素で放射性物質を遮断する仕組み

福島第一原発事故で放出された放射性物質のうち、セシウムとストロンチウムは、栄養素であるカリウムとカルシウムにそれぞれ化学的な性質が似ています。

現在の日本の食品等の基準値は危険

政府広報のサイトを見ると、日本の現在の放射性物質の基準値は配慮されているもので安全とあります。コーデックス委員会の指標値と比べて低いとも。 果たして、本当にそうなのでしょうか?

放射能汚染された瓦礫焼却の実行

日本の各都市において、放射能に汚染された瓦礫の焼却がされてしまいました。必死の反対抗議にも関わらず、行政は市民の声を無視して瓦礫焼却を強行しました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ