福島第一第二原発で作業員2人死亡

【管理人より】

放射能による被曝を避ける根本対策は「汚染から遠ざかること」です。

あくまでこのことを再優先にしていただき、何かしらの事情でどうしても避難や移住ができない方を想定し、出来る限りの対策をするという意味で、本ブログの記事を書いています。

各人の体質も大きいことと思いますが、体の免疫を強めることが何より鍵だと思っています。



福島第一、第二原発で相次ぎ死亡事故が起きているといいます。19日と20日の作業中に発生した事故により作業員2人が死亡したことが米メディアで報じられました。

fukuichi2015

以下は英BBCの報道です。

Japan worker killed in Fukushima nuclear plant accident

以下はYahoo/Record Chinaで日本語で出ていた報道。

福島第一、第二原発で相次ぎ死亡事故「日本人はなぜ我慢できるんだ?」「私たちの命が絶たれる前に…」―米国ネット

2015年1月23日、東京電力の福島第一原発と第二原発で19日と20日の作業中に発生した事故により作業員2人が死亡したことが米メディアで報じられ、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

米ロイターの報道によると、福島第一原発と第二原発で、19日と20日に事故が発生し、作業員2人が死亡した。19日、第一原発でタンクの点検作業を行っていた50代の作業員が高さ約10メートルのタンクから転落し、搬送先の病院で手当てを受けていたが、翌日に死亡した。また、20日には、第二原発で廃棄物の濃縮装置を点検していた作業員が器具に頭を挟まれ、病院に搬送されたが死亡したと伝えている。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「東京電力と日本政府はどちらもとんでもない存在だ。なんという失態なんだ」

「日本人はなぜ腐敗したうそつきの政府と東京電力に我慢できるんだ?革命を起こすべきだ」

「その場所は呪われているんだ!」

「それでも、日本は原発を再稼働しようとしている。どうやって管理したらいいのかもわからないというのに」

「私たちの命が絶たれる前に、原発を終わらせよう」

「なんて悲しいことだ。厳しい状況の中で作業していたんだろう。犠牲となった作業員とその家族や友人のために祈る」

「作業員の死亡は放射能と関係があるんじゃないかと考えているのは私だけだろうか?」

「作業員たちは、放射能のせいで具合が悪くなっていたんじゃないのか?」(翻訳・編集/Yasuda)

 

スポンサードリンク

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
コメント(Facebook利用/不適切な書き込みはサクッと削除します)
サブコンテンツ

このページの先頭へ