子どもの放射能防御

福島県:今後の甲状腺がん/疑い例1000人と見込む

days

福島県で、これまで18歳以下の子供を対象に行っていた甲状腺検査で、今後は19歳以上についても「がん」や「がんの疑い」と診断された場合、全額助成することが決まりました。

子どもの放射能被ばくと予防

被ばくに関して子どもは、成人と比べて大きい影響を受けることが明らかにされています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ