内部被曝/外部被曝(2 / 2ページ)

低線量被曝とは?安全?危険?

低線量被曝とは、低い線量の被曝を(長期的に)受けることを指しています。この低線量被曝が安全なのか危険なのかについては、専門家でも意見が分かれており、また国も安全論を繰り返しています。

放射能被曝の種類:内部被曝・外部被曝

被曝には、体の外部から放射線を受けて被曝する「外部被曝(被ばく)」と、体の内部にパーティクル(放射性物質が付着したチリや微粒子など)が入り込むことで被曝をする「内部被曝(被ばく)」(または体内被曝)に分かれます。

内部被曝レポート(甲状腺)

福島県における子どもたちの甲状腺がん、そして甲状腺がんの疑いのある症例が増加してきています。

内部被曝検査の結果(尿検査)

セシウムの体内蓄積量を知る方法の1つとして、ホールボディカウンターによる検査の他、尿検査も有効です。関東で行われた検査では、子どもたちの尿の7割からセシウムが検出されていたことが判明しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ