玄米の効果−フィチン酸で放射能を排出

【管理人より】

放射能による被曝を避ける根本対策は「汚染から遠ざかること」です。

あくまでこのことを再優先にしていただき、何かしらの事情でどうしても避難や移住ができない方を想定し、出来る限りの対策をするという意味で、本ブログの記事を書いています。

各人の体質も大きいことと思いますが、体の免疫を強めることが何より鍵だと思っています。



玄米には、有害な重金属イオンや放射能(放射性物質)を排出するのに役立つフィチン酸という栄養素が含まれています。フィチン酸は「キレート作用」を持ち、玄米や大麦・小麦などの穀物類に多く含まれています。

genmai

またフィチン酸は高い抗がん作用と持つとされています。有害な重金属イオンや放射性物質と強く結合して体から排出します。また食物繊維も豊富に含まれています。

ただこのフィチン酸、そのままでは体に必要なミネラル成分まで排出する説もあります。
 

フィチン酸のキレート作用はミネラルをも排出する?

hatena玄米は適切な摂取であれば放射能(放射性物質)を排出するものの、玄米に含まれるフィチン酸が有害な成分だけでなく体に必要なミネラルまで奪ってしまう、という説があります。

ゆえに、体に良いという説と、体に有害という説が混在しています。

玄米に含まれるフィチン酸が有害であるという説の展開をしている方は、玄米を発芽させることでそれを防げることを述べています。

もう1つは、玄米にはすでに必要なミネラルが含まれており心配ないという説です。

それは、玄米に含まれているのは、上記フィチン酸ではなく、フィチンという別の物質(結合塩)であり、すでにミネラルと結合しており体のミネラルを奪うことはないというものです。
 

体内のミネラルまでもを排出してしまう説の根拠

玄米の胚芽や表皮に含まれるフィチン酸が強い「キレート作用」を持っていることは前述しましたが、その「キレート作用により体内にあるミネラル成分もを結合させ体外へ排出してしまう」

というのが玄米およびフィチン酸が有害だという論拠に繋がっているようです。ゆえにここから「玄米は体に悪い」「玄米を食べるとミネラル欠乏に陥る」という説が生まれているようです。

なお玄米をそのまま食べることが有害であるという説を展開する人においても、玄米を発芽させて食べることでミネラル欠乏は防げるとされています。

玄米自体が有害でも、発芽玄米なら問題なしという説

hatsuga以下のサイトに、発芽玄米について詳しく記載があります。また、発芽玄米の作り方についても詳しく記載されています。

理想的な玄米食「発芽玄米」を食べよう!

上記より一部引用します。

フィチン酸は強力な抗酸化作用があり、 これが健康な体を作ってくれるのです。

ところが困ったことに、このフィチン酸には、ミネラルを体に吸収させず、体の外へと排泄させていく働きもあるのです。

玄米の胚芽には豊富なミネラルが含まれていますが、フィチン酸の作用で体には吸収されません。

フィチン酸のもつ抗酸化効果でいったん健康が得られたとしても、そのまま玄米食を続けていると、いつしかミネラル不足に陥ってしまいます。

その解決法として注目を浴びているのが発芽玄米です。

玄米を水につけて発芽させると、 フィチン酸を分解する酵素「フィターゼ」が活発化します。 この酵素により、体は玄米本来が持つたっぷりなミネラルを、 吸収できるというわけです。

もちろん抗酸化作用にすぐれたフィチン酸のもたらすよい効果も いっしょに得ることができます。

その反面で、以下のとおりまったく真逆の説もあります。
 

玄米のフィチン酸が有害という説、実は間違い?

これに対し、玄米に含まれるフィチン酸がミネラルを排出するというのは、まったくの間違いだという説もあります。

ine

けっきょく“玄米”は、安全なの?危険なの?“フィチン”の効果についてまとめますより

強力なキレート作用で、体内ミネラルを排出する“フィチン酸”ですが、実は玄米に含まれているのはフィチン酸ではありません。フィチン酸に金属イオンが結合した“フィチン”の形で、玄米の胚芽や表皮に含まれているのです。

確かにフィチン酸はキレート作用を持ち、ミネラルと強く結合します。しかし“フィチン”は既に複数のミネラルと結合しており、体内のミネラルと結合することはありません。つまり、体内のミネラルを排出してしまうようなことはありません。

抽出したフィチン酸を添加した1925年の研究を根拠に、食品中のミネラルやタンパク質との強い結合となっている場合に、消化吸収を妨げる方向に働くと考えられてきた。しかし、現在では糠などに閉じ込められた状態ではミネラルの吸収に問題が見られないことがわかってきた。

上記は、Wikipediaの“フィチン酸”からの引用です。

フィチンから、マグネシウムやカルシウムを脱塩して抽出したものがフィチン酸です。フィチン酸は、消化吸収を妨げると考えられてきましたが、しかし糠(玄米の表皮を削りとったもの)に閉じ込められた状態では、ミネラル吸収に問題がないことが解っています。

玄米に含まれるフィチンは、体内のミネラルを奪ったりしません。ですから、フィチンの安全性を気にして、発芽玄米を選ぶ必要はありません。

“フィチン”によるミネラル欠乏説は、故・柳沢文正氏(明治44年~昭和60年)がフィチン酸の性質を根拠に 「フィチン酸の豊富な食品を摂取していると、キレート作用が働き、体内のミネラルが欠乏を来す可能性があるかもしれない」と仮説したことに端を発します。

現在ウエブ上で見受けられる玄米危険説は、グローバルクリーン(代表・浅井敏雄氏)の記事からの引用が大半を占めるようです。

これに対して多くの方々が反論を試みていますが、安全性の面で言えば厚生労働省の『既存添加物の安全性の調査研究(平成18年度調査)』が指標となるのではないでしょうか。

この調査の中で、コメヌカから抽出した“ペプチド及びフィチン酸”は、安全性に問題がないとしています。

フィチンは、抗ガン効果、心臓・血管疾患の予防効果などでも注目を集めています。玄米のみならず、フィチンはゴマや豆類、ココアやトウモロコシ等にも多く含まれています。この事からも、玄米に含まれるフィチンだけを問題視するのは不自然だと言えるでしょう。

フィチン酸と一般に言われていて、このページでも「フィチン酸」としていますが、実際にはすでに複数のミネラルと結合した状態である「フィチン」=「結合塩」となり、ミネラルを排出するようなことはない、という見方です。

以下のページにも同様の記載がありました。

フィチン(IP6, 結合塩)

生理機能が豊富なイノシトール6リン酸(フィチン酸)にミネラル(カルシウム、マグネシウム、カリウム)が結合した形態。

しかし、いずれにせよミネラルは体に取って必要な成分です。

もし「玄米有害説」が気になるならば、あわせてしっかりミネラル成分を取ることを重点的に意識することでしょう。


 

フィチン酸のキレート作用で放射能(放射性物質)を排出

反面、キレート作用でミネラルを排出する面がありながらも、ミネラルを同時摂取することで、放射性物質の排出に有効という説もあります。

イノシトール-6-リン酸(フィチン酸)のキレート作用より

放射線被曝に関連した危険性を低減する方法としてキレート療法は有効な治療法である。

ウラニウムの体内取り込みに対して、今までは1.4%炭酸水素ナトリウム(sodium bicarbonate)の点滴が治療に使用されていた。しかし、有効性はそれほど高くはなかった。この研究では、ウラニウムの体外排泄に有効な物質を探索する目的で、炭酸水素ナトリウム、クエン酸、ジエチレントリアミン5酢酸、エチドロン酸、イノシトール-6-リン酸について、ウラニウムをキレートする作用を検討した。

その結果、検討したキレート剤の中で、イノシトール-6-リン酸(フィチン酸)がウラニウムに対して最も強い親和性(affinity)を示した。したがって、イノシトール-6-リン酸はウラニウムを体外から排泄するキレート剤となる可能性が示唆された。

この論文では、イノシトール-6-リン酸がウラニウムと強く結合(キレート)することを示し、このイノシトール-6-リン酸(フィチン酸)のキレート作用がウラニウムの体外排泄の促進に効果が期待できる可能性を報告しています。

イノシトール-6-リン酸は天然ではカルシウムやマグネシウムをキレート作用によって強く結合しています。このような金属に対する強いキレート作用がウラニウムやその他の有害なミネラル(放射線物質も含め)に利用できる可能性があります。

したがって、IP6を多く摂取しながら、IP6のキレート作用で不足するかもしれない必須ミネラルをサプリメントで補うというのは、放射能汚染の一つの対策として有効性が期待できそうです。

諸説あるがために困惑するところですが、玄米に含まれるのはフィチン酸ではなくフィチンであるという説に基づけば、過度の心配はいらないことが1つ。

またいずれにしてもミネラル成分は体に絶対的に必要な栄養素であることが1つ。

過剰とならない適度な量の玄米を取りながらも、十分なミネラル成分を併せて摂取するのが、無難かつ有用な方法であることと当サイト管理人は考えています。
 

放射能検査済の無農薬/減農薬の玄米

以下は、「放射能検査済」の無農薬・減農薬の安全な玄米です。

【7分づき米】無農薬・幻の品種「旭1号」(熊本産)

作る農家の激減で、九州・熊本の地元でも「幻の米」と呼ばれる旭1号。お米屋さんにも知られていません。日本一とも評価されている最高峰の味です。放射能検査済。

【玄米】残留農薬ゼロ・コシヒカリ玄米(福井産)

微生物の力を借りる「微生物自然農法」でお米を育て、さらにお米が間違いなく安全なものかを確かめるため、毎年の残留農薬検査を欠かさず行っています。放射能検査済。

【精米方法選択可】精米したて特A米(北海道産)

ホワイトフード提供のお米です。減農薬栽培。もっとも美味しい新米かつ精米したてのお米を購入できます。玄米だけでなく、白米、無洗米も選べます。放射能検査済。

 
 

スポンサードリンク

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
コメント(Facebook利用/不適切な書き込みはサクッと削除します)
サブコンテンツ

このページの先頭へ