発酵食品:乳酸菌・ヨーグルトで放射能対策

【管理人より】

放射能による被曝を避ける根本対策は「汚染から遠ざかること」です。

あくまでこのことを再優先にしていただき、何かしらの事情でどうしても避難や移住ができない方を想定し、出来る限りの対策をするという意味で、本ブログの記事を書いています。

各人の体質も大きいことと思いますが、体の免疫を強めることが何より鍵だと思っています。



乳酸菌で放射能の浄化・排出できることが発明家の飯山一郎氏などが提唱されています。

また放射能排出に限らず、乳酸菌が体の免疫を強化することは、ヨーグルトを作っている会社なども紹介している既知の事実です。

飯山氏がきっかけで、お米のとぎ汁から作る乳酸菌の培養が広く知られていきました。

お米のとぎ汁乳酸菌の作り方については、ページが長くなるため以下の別ページにてまとめました。詳しくは以下ページをご覧ください。(別窓で開きます)

失敗しない米のとぎ汁乳酸菌の作り方(放射能排出)
 

乳酸菌をスプレーした玄米の放射能が減っていた!

米のとぎ汁乳酸菌を作り、玄米にスプレーして確かめた方がおられます。その結果、乳酸菌をスプレーした玄米の放射能は、乳酸菌をスプレーしていない玄米の4分の1に放射能(放射性物質)が減っていたそうです。

乳酸菌噴霧で玄米の放射能が4分の1に減ったより

そこで乳酸菌の作り方を教えてあげたところ、早速自分で乳酸菌を作って、自社で扱っている玄米にそれをスプレーしました。

そして、乳酸菌をスプレーしていない玄米と、乳酸菌をスプレーした玄米とを、食品の放射能を測定する社団法人に持っていって測定してもらったところ、なんと乳酸菌をスプレーした玄米の放射能は、スプレーしていない玄米に比べて4分の1に減っていたということでした。

玄米は平成22年に福島県でとれた「あきたこまち」です。たまたま福島産ですが、原発事故の前にとれた米ですから、事故の影響はありません。

会長さんは測定機関に、「こちらは何もしていない玄米で、こちらは私がある処理をした玄米だ」ということだけを伝えたそうです。以下がそのデータです。

放射能はごくごく微量で、いずれも「測定限界以下」ということで、測定限界以下でも微妙に判別できるということのようです。測定担当者は「どうして4分の1なのか、これはいったいどういうことか」と驚いているそうです。

飯山氏は、乳酸菌と併存する光合成菌が放射性元素を取り込んで、それを「つついて」放射能を出させて、そのエネルギーを食べてしまい、放射性元素は放射能を失って無害化する、と言っています。無害化して放射能がなくなれば測定から消えるわけで、これは飯山説を支持する測定結果です。

ricedetect1

ricedetect2
 

<お米のとぎ汁乳酸菌の作り方は以下にて>

失敗しない米のとぎ汁乳酸菌の作り方(放射能排出)
 

乳酸菌、市販ヨーグルトでも可能?

ヨーグルトは、市販されているものではなく、上記の米のとぎ汁乳酸菌で作った手作りヨーグルトがもっとも効果的であることでしょう。

しかしながらそんな時間がないという方もいます。乳酸菌が含まれたヨーグルトも効果があることはベラルーシにおける放射能対策でもわかっていることですが、市販されているものは【放射能汚染されていない】ことが絶対条件です。

放射能(放射性物質)は、水分が多い場所に集まる傾向があるため、ヨーグルトの上澄み液に汚染が溜まる傾向があります。

そのため、市販のヨーグルトであれば、厳格な放射能検査がされた、放射能汚染がされていないヨーグルトを選ぶことが必要です。

参考商品:放射能検査済・無添加無糖・九州産高千穂牧場プレーンヨーグルト

(生きて腸まで届くビフィズス菌「BB-12」とお腹の健康維持に期待されるラクトバチルス パラカゼイ菌「L-2」を使用) 放射能検査証明書
 

また市販のヨーグルトでは、「明治ブルガリアヨーグルト」の検査を個人でしてくださった方がおられます。検出限界値ギリギリの低い値が出てしまったとのことでした。詳しくは以下ページでご覧いただけます。

明治 ブルガリアヨーグルトLB81 プレーン 450G
(合計20パック、9000Gを乾燥濃縮・粉体化 ゲルマにて測定)

 

乳酸菌が多く含まれた高品質サプリメント

上記、ダグラスラボラトリーズのサプリメントは医師が使うサプリメントの分野で全米No.1にランクされており、世界40カ国で愛用されている高品質サプリメント。

マルチプロバイオティック4000は7種類、約40億個の善玉菌を生菌のままフリーズドライ加工されています。

自然素材を中心に安全で高品質な原料を使用し、低温製造することによって熱に弱い栄養素の活性を保っています。

上記、乳酸菌サプリメント以外にもマルチビタミンや各種様々なサプリメントがあるので、あわせて活用するのもよいでしょう。
 
 

スポンサードリンク

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
コメント(Facebook利用/不適切な書き込みはサクッと削除します)
サブコンテンツ

このページの先頭へ