活性酸素を減らす生活習慣

【管理人より】

放射能による被曝を避ける根本対策は「汚染から遠ざかること」です。

あくまでこのことを再優先にしていただき、何かしらの事情でどうしても避難や移住ができない方を想定し、出来る限りの対策をするという意味で、本ブログの記事を書いています。

各人の体質も大きいことと思いますが、体の免疫を強めることが何より鍵だと思っています。



放射能と闘えるための体づくり、免疫力アップには、活性酸素を増加させないことが重要です。

前項では抗酸化物質などの栄養にて「活性酸素を排出させる」ための有益な内容を記しましたが、ここでは活性酸素を減らすための「生活習慣」について記します。

活性酸素を減らす生活術より引用

8194caebad6cc9cb09b8f5431b4f7448_s

活性酸素を減らすための生活習慣

  • タバコを控える

タバコの煙には活性酸素や、その発生を助長する有害物質が数多く含まれています。血液中に入ると、動脈硬化の原因となる酸化LDLをつくる原因ともなります。

  • アルコールをとり過ぎない

肝臓がアルコールを分解するときにも、活性酸素が発生します。飲む量の多い人、アルコールに弱い人は、とくに注意が必要です。

  • 軽めの運動をする

激しい運動をすると呼吸量が急増し、活性酸素の発生を促します。反対にウォーキングや水中歩行程度の軽めの運動は、抗酸化酵素の働きを高め、体の酸化を抑えます。

  • ストレスをためない

ストレスを受けると一時的に血液の流れが悪くなり、これが元に戻るときに活性酸素が発生します。これを繰り返すことで、酸化が促進されます。

  • 紫外線をさける

紫外線に当たると、皮膚細胞でも活性酸素が生成され、シミやシワの原因となります。男性でも外出時は帽子をかぶる、日光に長時間当たらないなどの紫外線対策が必要です。

(引用ここまで)

他、たっぷりと睡眠を取ること、質の良い睡眠を取ること、瞑想状態になる時間を作ること、定期的に電子機器から距離を置くこと(電磁波からの距離)、などといったちょっとした生活習慣も大事な要素の一部。

特に過労やストレスが大きいと、活性酸素や体に有害な成分を減らすことができません。むしろそれが原因で悪影響を加速させることさえあるでしょう。

食生活と生活習慣、両方の側面からの「活性酸素を減らす生活術」が必要ですね。

OL
 

スポンサードリンク

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
コメント(Facebook利用/不適切な書き込みはサクッと削除します)
サブコンテンツ

このページの先頭へ