パン職人が怒りの閉店ー西荻窪「リスドォル・ミツ」

【管理人より】

放射能による被曝を避ける根本対策は「汚染から遠ざかること」です。

あくまでこのことを再優先にしていただき、何かしらの事情でどうしても避難や移住ができない方を想定し、出来る限りの対策をするという意味で、本ブログの記事を書いています。

各人の体質も大きいことと思いますが、体の免疫を強めることが何より鍵だと思っています。



東京都内・西荻窪でパン店を営んでいたパン職人が、政府や行政や業界に抗議の意を示し、自身のパン店を閉店することとなりました。

放射能汚染から子どもたちを守らず、逃さず、安全ばかりを強調して検査もせずに「食べて応援」を無責任に促されていることへの、生活をかけ体を張った抗議です。

パン店「リスドォル・ミツ」を経営する廣瀬満雄さんは、「店を閉じれば売名行為にもならない。今後もますます脱原発・脱被曝の声をあげていきますよ」と力を込めました。

『西荻窪 無添加パン工房『リスドォル・ミツ』
公式サイト無添加パンのお取り寄せ通販』は、閉店しております。

【閉店】リスドォル・ミツー食べログ

lisdor4

lisdor8
宅配食材のOisix(オイシックス)より
(リスドォル・ミツ 食パン食べ尽くしセットの販売は終了)
 

lisdor7
宅配食材のOisix(オイシックス)より
(リスドォル・ミツ 食パン食べ尽くしセットの販売は終了)
 

「ベクレルフリー」として内部被曝対策にも力を入れていたようです。

lisdor6
リスドォル・ミツ|すぎなみ学倶楽部より

lisdor5

 

パン職人が怒りの閉店「子どもを守らない政府や行政、業界に抗議」
東京・西荻窪の廣瀬満雄さん

【つきまとった「売名行為」の中傷】

「政府、行政のやり方が尋常ではないですよ。実に酷い」

 閉店を控えた忙しい最中、廣瀬さんは吐き出すように怒りを口にした。

「チェルノブイリ基準でいけば、事故のあった原発から半径280km圏内は、強制避難区域にするべきなんだ。もちろん、東京も含まれる。だから福島県全域に鉄条網を張り巡らせて人の出入りを禁じるくらいでいい。それが出来ないのなら、せめて中通りと浜通りの住民を全面的に疎開させるべきなんです」

地域経済の都合で大人は残らなければいけないのであれば、せめて子どもたちだけでも疎開を。未来を担う子どもたちだけでも被曝の危険から遠ざけたいと常に考えてきたが、実際の施策は逆行している。「国は有名タレントを起用して『食べて応援』などと宣伝する。東電は東電で、汚染水を海に垂れ流している。このままでは国が滅びてしまいますよ。私は左翼ではありません。むしろ愛国主義者なんです」

汚染が福島だけの問題とは考えていない。「原発事故直後、店舗の雨どいは100μSv/hくらいありました。西荻窪だってホットスポットはあるんです。でも公表されない」。せめて自分が売るパンはきちんと検査をした食材で作りたい。そう考えて取り組んできた。

店舗の前には「ベクレルフリー」と大きく表示し、検査結果も掲示した。営業しながら発信し続けるという方法もあるが、何を言っても「結局は、自分のパンを売りたいだけの売名行為ではないか」との誹謗中傷がつきまとう。「物を売っているから正論を言っても叩かれる。自分も宣伝になるのは嫌だから、じゃあ、閉店して退路を断ってものを言おうと考えたんだ。繁盛している最中の閉店はインパクトも強いしね」。

独りだけの抗議行動は“焼け石に水”なのは分かっている。しかし、多くのお客さんでにぎわう店を閉じることで、食にかかわっている者としての想いを世間に伝えたかった。まさにパン職人が命をかけた“抗議の閉店”なのだ。

【福島の弟子が悩む“村八分の恐怖”】

また廣瀬さんは、福島にも2人の弟子がいると言います。福島での実態は、「ものを言うことが許されない」という空気が充満しているとのことです。

福島では、2人の弟子が開業している。電話で話をすると「脱被曝を言いたい。ノンベクレルを掲げたい。でも、そんなことをしたら村八分にされてしまう」と苦悩を打ち明けられる。「もの言えない空気」は年々、濃くなっているという。

叩かれる相手は同業者であり、食材の業者であり、そして消費者。「福島でいろんな人に話を聴くと、ほとんどの人が『逃げられるものなら逃げたい』という想いを口にする。でも、それを言わず、何事も無かったかのように生活している。国や行政が安全だと言っている以上、そうせざるを得ないんだね」。

そんな苦悩を知ってか知らずか、大手パンメーカーは食材を検査していないという。「パンの主要食材は小麦粉、牛乳、バター、水、卵です。しかし、どこも検査などしていませんよ」。食材の原産地の表記も無し。それは外食産業や弁当などの中食産業も同じだ。「現状を一番喜んでいるのがバイヤーですよ。国が安全だとお墨付きを与えているから、福島の広大な農地で栽培された野菜を二束三文で買い叩いていく」。

消費者も、時間の経過とともに原発事故を忘れて行く。「『のど元過ぎれば熱さ忘れる』は良くも悪くも日本人の国民性だけれど、今回はその悪い部分が徹底して出てしまったね」。

3月には64歳になる。自身にまだ孫はいないが、孫の世代のことが本当に心配だ。子どもたちを守らずして、この国の未来はないと考えるから。

実は、米国の友人から「ロスに来ないか」と誘いも受けた。「ミツ、まだ日本にいるのか。あれだけの事故があったのに信じられないよ」と。

だが、日本に残って声をあげていく道を選んだ。「福島に住む60歳以上の人々は、もっと腹をくくってものを言って欲しい。自分の孫を守れなくてどうするんですか」。

【妻は賛成。「あなたらしい決断」】

奥さんは反対どころか、喜んで賛成してくれたとのことです。

抗議の閉店は、1年ほど前から考えていた。夏ごろ、想いを妻に伝えたが反対はなかった。「むしろ、賛成をしてくれました。あなたらしい決断ですねって。別に貯えがたくさんあるわけではないけれど、妻は『スーパーのレジ打ちでも何でもやります。生活の心配はいりませんよ』と言ってくれた」と目を細める。

愛着ある店舗。店名は「輝くユリ」からとった。30日午後5時に幕を閉じる。店舗で配られた挨拶文にはこう、綴られている。「今まで可愛がってくださったお客様に申し訳ない」、「凄く無念であり、残念至極です」。

通信販売は既に完売。店舗には連日、多くのお客さんが訪れる。「さびしくなるわね」と女性客。店員の女性は「涙が出ちゃうから、閉店の話はしないで」と泣き出しそうな表情になった。

少しのんびりしたら、腹部に見つかった大動脈瘤の手術が3月に予定されている。7年前には脳梗塞を患っているため手術のリスクは7割と高いが、「残りの3割に賭けたんです。でもね、私の命なんてどうなったって良いんですよ。福島に残っている子どもたちと、その昔、ガス室の前に裸で並ばされていた人々と何が違いますか?私にできることは何かを考えました。それが反旗を翻すことだったんです」と廣瀬さん。

「もし、生きて帰って来られたら、今まで以上にますます声をあげていきますよ」と力強く話した。

 

政府行政、業界が一体となって、「儲け」のために、命や健康に関わることを蔑ろにしている恐ろしい現実。消費者が本当に欲しいのは「安全」「証拠」であり、「見せかけだけの安心」ではありません。

廣瀬さんは、自身の行動を持って抗議の意を世間に示しました。空気に流されていては最終的に日本という国が滅びてしまいます。

「村八分」を恐れるのではなく、個として立ち上がり、毅然と意志を突きつける。NOを示す。村八分になることでそこで暮らすことに支障が出るなら、思い切って場所を変える。

1人1人が芯を持ち、発信源となる。訴えかけていく。

これは今の日本国民に課せられている課題だと思っています。

まずは廣瀬さんに感謝の意を示したいと思います。
 

スポンサードリンク

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
コメント(Facebook利用/不適切な書き込みはサクッと削除します)
サブコンテンツ

このページの先頭へ