放射能被曝の種類:内部被曝・外部被曝

【管理人より】

放射能による被曝を避ける根本対策は「汚染から遠ざかること」です。

あくまでこのことを再優先にしていただき、何かしらの事情でどうしても避難や移住ができない方を想定し、出来る限りの対策をするという意味で、本ブログの記事を書いています。

各人の体質も大きいことと思いますが、体の免疫を強めることが何より鍵だと思っています。



被曝には、体の外部から放射線を受けて被曝する「外部被曝(被ばく)」と、体の内部にパーティクル(放射性物質が付着したチリや微粒子など)が入り込むことで被曝をする「内部被曝(被ばく)」(または体内被曝)に分かれます。

gaibuh

naibih

低線量被曝と高線量被曝(急性放射線障害)

また、致死量に達する高線量の被曝をして最終的に死に至る高線量被曝(「急性放射線障害」)と、致死的な量ではなく低量ではあるものの、長期間に渡って微量の放射線を受けて被曝を蓄積していくことで被曝症状が現れる「低線量被曝」があります。

福島第一原発事故により、東北関東で広く見られているのは「低線量被曝」と、それに起因すると思われる症状です。

高線量ではないため、事故直後に政府が発したよう「直ちに」は影響がありませんが、長期間に渡り低線量の被曝を受けていくこととなり、その影響による被曝症状と思われる現象が見られています。

低線量被曝については以下に詳しくまとめてあります。

「低線量被曝は安全?危険?」

福島第一原発付近などを除き、福島第一原発事故による放射能の影響は、主にこの低線量被曝によるものとなります。

 

スポンサードリンク

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
コメント(Facebook利用/不適切な書き込みはサクッと削除します)
サブコンテンツ

このページの先頭へ