摂るべき食品(栄養素)・避けるべき食品

【管理人より】

放射能による被曝を避ける根本対策は「汚染から遠ざかること」です。

あくまでこのことを再優先にしていただき、何かしらの事情でどうしても避難や移住ができない方を想定し、出来る限りの対策をするという意味で、本ブログの記事を書いています。

各人の体質も大きいことと思いますが、体の免疫を強めることが何より鍵だと思っています。



自身も広島の原爆で被曝した秋月辰一郎博士は、以下のように指導しました。

「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」

「放射能は極陰性、焼き梅干、玄米、昆布で中和される」

misoshiruそして秋月博士のアドバイスに従い、味噌とあわせ塩たっぷりの玄米のおにぎりを与えた結果、原爆症を発症しなかったといいます。秋月博士は味噌汁は塩分を濃くし、できるだけ辛くするように指導しました。

玄米、味噌汁、昆布などの海草類の伝統的日本食を摂ることによって、体内の毒物を排出することができたためです。

通常の生活において塩分の取り過ぎは体に悪いとされていますが、広島原爆のような強烈な放射能に晒された非常事態下においては、原爆症発症を食い止めるという効果が得られました。

以上は一例ですが、このように、放射能を排出するために効果的な食品や栄養素が存在します。食と栄養素により体の免疫力をつけ、放射能をブロックする体づくりに務めるべきでしょう。

このページでは、放射能排出のために有効とされている食品や栄養素をご紹介します。食品は、放射能汚染されていないことが前提です。

放射能排出・除去のために摂るべき食品・栄養素

味噌
乳酸菌
玄米(フィチン酸)
天然塩
昆布

カリウム
カルシウム
アルギン酸
ペクチン
鉄分
ビタミン
酵素
食物繊維
 

放射能排出・除去のために避けるべき食品・栄養素など

今度は逆に、放射能排出のために避けるべき食品や栄養素などについてです。

避けるべき食品など

白砂糖(糖分)
添加物
農薬
オメガ6系の油(サラダ油など)

多くとってはいけないもの

乳製品
脂っこいもの・揚げ物

上記はごく少量ならばいいのですが、摂り過ぎると消化酵素を多く必要することとなり、体に負担がかかります。また日本人の体にもこれらは向いていません。
 

食だけでなく、体に良い健康的な生活を

食だけでなく、質の良い睡眠を取ることや、適度な運動をすること、電磁波系から離れることなど、普段の生活の中からも放射能の排出や除去に繋がる生活スタイルが必要となります。

 
 

スポンサードリンク

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
コメント(Facebook利用/不適切な書き込みはサクッと削除します)
サブコンテンツ

このページの先頭へ