ウクライナで原発事故が起きていた

【管理人より】

放射能による被曝を避ける根本対策は「汚染から遠ざかること」です。

あくまでこのことを再優先にしていただき、何かしらの事情でどうしても避難や移住ができない方を想定し、出来る限りの対策をするという意味で、本ブログの記事を書いています。

各人の体質も大きいことと思いますが、体の免疫を強めることが何より鍵だと思っています。



昨日、ウクライナの原発で事故が起こったというニュースが入ってきました。規模は小さいとのことですが、現在すべて電源がシャットダウンされている状態とのことです。

ukrainenpp

また事故が起こったのは先週の金曜日とのことで、昨日発覚したということで、数日の間ウクライナ政府に隠蔽されていたことになります。

「大した事故ではなく影響もない」というのがウクライナ政府の見解ですが、隠蔽していたということ自体、本当に大したことのない状態なのか疑問です。

問題がないならば隠蔽する必要もないのでは、と思うのですが。事故の規模の大小を問わず、隠蔽体質なのは相変わらずといったところです。

以下、日本語記事のロイターのサイトからです。

ウクライナ原発事故、原子炉に問題なし=エネルギー相

[キエフ 3日 ロイター] – ウクライナのデムチシン・エネルギー相は、南東部ザポリージャの原子力発電所で起きた事故について、原子炉に問題はなく5日までには通常稼働に戻ると述べた。

同相は記者会見で「原子炉に問題はなく脅威はない」と語った。

同相によると、事故は11月28日に発生した。電源出力システムのショートが原因といい、発電には無関係と説明した。

事故のあったブロックは、一時的に電気エネルギーシステムから切断されたが、原子炉は正常に稼動し続けたという。

同相は「(ブロックの)電源出力は使われていない」と述べた。大手の産業需用家にエネルギー消費を自主的に節減するよう要請する方針だ。

国際原子力機関(IAEA)は、これまでのところコメントしていない。

以下、状況が詳細に記されているRT(ロシア・トゥデイ)の記事です。

Accident at largest nuclear power plant in Europe revealed by Ukraine PM

事故を起こした原発のある場所


(一番右の星印の原発)
 

スポンサードリンク

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
コメント(Facebook利用/不適切な書き込みはサクッと削除します)
サブコンテンツ

このページの先頭へ