山梨県産キノコからキロ220bqのセシウム

【管理人より】

放射能による被曝を避ける根本対策は「汚染から遠ざかること」です。

あくまでこのことを再優先にしていただき、何かしらの事情でどうしても避難や移住ができない方を想定し、出来る限りの対策をするという意味で、本ブログの記事を書いています。

各人の体質も大きいことと思いますが、体の免疫を強めることが何より鍵だと思っています。



山梨県産のキノコから220ベクレル/kgの放射性セシウムが検出されたとのことです。ただでさえ高い国の基準値のさらに2倍となるセシウム汚染です。

また別のキノコからは120ベクレル/kgの放射性セシウムが検出されたそうです。

検査したキノコの品目はアンズタケ、オオモミタケ、ショウゲンジ、ホウキタケ、マスタケ、アンズタケ、マツタケ、ヤマイグチ、タマゴタケ、マスタケで、いずれも全てから放射性セシウムが検出されたとのことです。

以下、引用します。

山梨県産のキノコからキロ220ベクレルのセシウム検出!
測定したキノコの大半が50ベクレル以上!先月に引き続き、キノコ出荷制限へ!
より

結果は山梨県のホームページからです。

品目:アンズタケ
採取地点:富士吉田市
核種別放射能濃度【Bq(ベクレル)/kg】
・放射性セシウム134:不検出
・放射性セシウム137:51.1
・放射性セシウム合計:51
(検査日:9月9日)

品目:オオモミタケ
採取地点:富士吉田市
核種別放射能濃度【Bq(ベクレル)/kg】
・放射性セシウム134:不検出
・放射性セシウム137:8.84
・放射性セシウム合計:8.8
(検査日:9月9日)

品目:ショウゲンジ
採取地点:富士吉田市
核種別放射能濃度【Bq(ベクレル)/kg】
・放射性セシウム134:12.9
・放射性セシウム137:211
・放射性セシウム合計:220
(検査日:9月9日)

品目:ホウキタケ
採取地点:富士吉田市
核種別放射能濃度【Bq(ベクレル)/kg】
・放射性セシウム134:不検出
・放射性セシウム137:34.5
・放射性セシウム合計:35
(検査日:9月9日)

品目:ホウキタケ
採取地点:富士吉田市
核種別放射能濃度【Bq(ベクレル)/kg】
・放射性セシウム134:不検出
・放射性セシウム137:45.7
・放射性セシウム合計:46
(検査日:9月9日)

品目:マスタケ
採取地点:富士吉田市
核種別放射能濃度【Bq(ベクレル)/kg】
・放射性セシウム134:不検出
・放射性セシウム137:48.3
・放射性セシウム合計:48
(検査日:9月9日)

品目:アンズタケ
採取地点:鳴沢村
核種別放射能濃度【Bq(ベクレル)/kg】
・放射性セシウム134:不検出
・放射性セシウム137:40.2
・放射性セシウム合計:40
(検査日:9月9日)

品目:マツタケ
採取地点:鳴沢村
核種別放射能濃度【Bq(ベクレル)/kg】
・放射性セシウム134:不検出
・放射性セシウム137:63.7
・放射性セシウム合計:64
(検査日:9月9日)

品目:ヤマイグチ
採取地点:鳴沢村
核種別放射能濃度【Bq(ベクレル)/kg】
・放射性セシウム134:不検出
・放射性セシウム137:51.6
・放射性セシウム合計:52
(検査日:9月9日)

品目:タマゴタケ
採取地点:富士河口湖町
核種別放射能濃度【Bq(ベクレル)/kg】
・放射性セシウム134:15.7
・放射性セシウム137:99.6
・放射性セシウム合計:120
(検査日:9月9日)

品目:マスタケ
採取地点:富士河口湖町
核種別放射能濃度【Bq(ベクレル)/kg】
・放射性セシウム134:不検出
・放射性セシウム137:11.1
・放射性セシウム合計:11
(検査日:9月9日)

yamanashi
 

スポンサードリンク

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
コメント(Facebook利用/不適切な書き込みはサクッと削除します)
サブコンテンツ

このページの先頭へ